不安障害,強迫性障害の解説

社会不安とは

人々は多くの病気を抱えています。
健康な時はそれに気がつきませんが、何処かしら患っていると健康のありがたみに気がつくものです。
けが等であれば回復するのを待っていれば良いですが、精神的な病気の場合放っておいても回復することがなく、一生悩まされたり、悪化する場合もあります。
従って、専門家による治療が必要となってきます。
近年、多くの人が抱えている病気に社会不安というものがあります。
社会不安とはアメリカ精神医学会では社会不安障害(SAD)と言われ、日本ではあがり症として広く認知されています。
一般的なあがり症ならそれほど問題はありませんが、その程度がひどくなると精神的に参ってしまったり、ふるえや吐き気、頭痛などの身体的に症状が出ることもあります。
誰しも、人前でスピーチしたり、大きな会議で発表する際は緊張するものですが、この社会不安の場合、会議やスピーチのある何週間前から不安になったり、食事がとれない症状になってしまいます。
また、普段何気ない生活でも、友人と話をするのが面倒になったり、知らないうちに人のいないところへ行ってしまう場合もこの社会不安の一種と考えることができます。
社会不安になる時期は10代の思春期の頃が多く、30〜40代となって管理職に就いたときにも人前で話す機会が増えると発症する人もいます。
しかしながら、どうしてもこの社会不安は病気とは思われず、精神的に弱いと思いこんで我慢することが多いため、専門家に相談することもできず一人で悩みがちになってしまいます。
でも、社会不安は治療や薬で治すことができます。
自分が社会不安になったり、友人が悩んでいたら専門医に相談しましょう。

関連リンクやお役立ちリンク

借金返済なら、方法と計画が大切
借金の返済計画や方法をどうすればいいか悩んでいる人、専門家である司法書士や弁護士に相談してみましょう。無料相談OKの相談事務所、紹介しています。

お役立ちリンク、関連リンクです。